スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見開き対訳詩集望む

対訳された歌詞カードを拡大コピーして、ノートに貼り付け、コードを書き込む作業をしている。
はっきし言って面倒。
見開きで対訳載せたコードブック出せよ。
有名所のは。

「ビートルズ全詩集(改訂版)」は非常に優れた本だと思う。
ビートルズ全詩集ビートルズ全詩集
(2000/12/01)
内田 久美子

商品詳細を見る

これにコードさえ書き込めば、とりあえず訳詞見ながら弾き語りが出来る。

歯痒いのはディランの方だ。
ボブ・ディラン全詩集 1962-2001
この詩集、大型本にして値段が高く、日本語訳と原詩が別々の冊子になってる。
この全詩集の前に出てた詩集もどうやら冊子別らしい(サイズは小さくなるけど)。
なんて勿体無い事をしているんだろう。

せっかくディランの詩だし原詩と訳は普通、すぐ見比べながら見たいもの。
なのに別々の冊子になってたら、一々2冊同時に開かんとイカンのでしょう。
加えて馬鹿でかいサイズだし、億劫なって本棚にすぐにしまい込んじゃうだろうに。
是非とも上記のビートルズ全詩集のような体形で出して欲しい。
もっと希望するなら年代別アルバムにまとめて出してくれれば。

あといちおうディランの弾き語りの本は出てる。
公認本 弾いて歌って、ボブ・ディラン公認本 弾いて歌って、ボブ・ディラン
(2009/06)
菅野 ヘッケル

商品詳細を見る

せっかく日本語版なら、訳詞載せてくれよー。
そうすりゃすぐ買ったのに。
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽ロック
ジャンル : 音楽

Oh,Sister



クリスマスらしいのでそういった曲について書こうかと思ったけどあんまり思い付かない。
そもそもポップスにおけるクリスマスソングって好きなのさして無いし。
ジングル・ベルとか童謡的なのが断然面白いし。

で、クリスマス→キリスト→シスターって強引な流れで、ボブ・ディランの「オー・シスター(Oh,sister)」という名曲について。
1976年作の『欲望』という名盤に入ってる一曲。
この『欲望(Dsire)』収録の人気曲、日本では「コーヒーもう一杯(One More Cup of Coffee) 」の人気が高いらしいが、個人的には断然この「オー・シスター」。

純粋に良い曲だな、と言える曲というか、なんて淡い哀愁漂う曲なんだろう、というか。
ヴァイオリンとコーラスとハーモニカの組み合わせがたまらなく良いのです。

この詩の世界を味わってみたいのだが、今の所あまり良く分からない。
最初は兄姉愛?的世界なのかな、と思ったけどよくよく考察してみると、どうやら修道女についての歌のようだったり。
しかしこの曲の片桐ユズルの訳はあまりに酷すぎやしないか。

まあともかく、この曲聴きながら、聖夜の教会に思いを馳せてみたり。

Desire (Reis)Desire (Reis)
(2004/06/01)
Bob Dylan

商品詳細を見る

テーマ : 洋楽ロック
ジャンル : 音楽

プロフィール

key

Author:key
音楽とか本とかについて書いてきます。クラシックもロックもジャズもポップスもアニソンもエレクトロニカも歌謡曲も、良いと思った物はなんでも聴きます。創作が好きな言葉。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
ブクログ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。